《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる

レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックの種類によりましては、角膜の疾患があっても手術を受けることが出来るケースがあります。
レーシックが受けられない方でも受けることの出来る視力回復手術も存在しているので担当医に聞いてみると良いでしょう。
レーシック手術をする場所の角膜に障害を持っている方というのも少なからずいることでしょう。
角膜に何らかの異常が見られる方は、レーシックを受けることが出来ないのでご注意ください。

 

レーシックをすることの出来ない可能性のある人だったとしましても、まずはクリニックで相談をしてみるようにしましょう。
何らかの対処法を紹介してくれるハズですので、まずはレーシックを行っているクリニック探しから始めましょう。



《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なるブログ:01 7 2022

シェイプアップをしようと考えているみなさま、
もしかするとシェイプアップというのは、
特別なことだという感覚を持っていませんか?

食事制限をするとか、
トレーニングを連日やらなきゃならないとか…

しかし
普段の行動をきちんと行うことによっても、
シェイプアップに一定の効果が期待できるんですよ。

例えば、歯磨きをすること。

歯磨きとシェイプアップ…
一見すると「?」な関係のように見えますが、
この両者には意外と強い結びつきがあるのですよ。

みなさまは、食事をした後に歯磨きをしていますか?
24時間に一回しか歯磨きをしないということはありませんか?

そこで、私が提案したいのは、
毎食後に歯磨きをする習慣を身につけてみませんか?
ということです。

歯磨きする程度なら、
別につらいシェイプアップとは言えませんよね?

例えば…
夕方食を食べた後、
「今日○○を買ってきたんだけど食べる?」
なんて子供から言われたとします。

もし、大好きなおやつならきっと
「食べる!」と言って食べてしまうでしょう。

ところが
歯磨きをする習慣がついていたらどうでしょう。

せっかく歯磨きをしたのに、また歯を汚すようなことは
正直したくありませんよね?

食事をした後に歯を磨く習慣をつけておけば、
おやつを食べた後に、
また歯を磨かなければなりません。

これってちょっと面倒ですよね?

だったら
「今日はいいや、次の日の10時にでも食べることにしよう」
って思うのではないですか?

これだけでも、
以前なら食べていたおやつの分のカロリーを
カットすることにつながっていくんではないでしょうか?